募金・寄付

共同募金「じぶんの町を良くするしくみ」 栃木県共同募金会大田原市支会

赤い羽根共同募金は、昭和22年からスタートし、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組むボランティアグループやNPO、福祉団体の活動を支援するしくみです。大田原市社会福祉協議会は、栃木県共同募金会大田原市支会として、住民主体の運動をすすめています。
運動期間:10月1日~12月31日
大田原市では、自治会、事業所、学校などにご協力を呼びかけ募金活動を行っています。>中央共同募金会のページ

共同募金は地域に活きる

大田原市に寄せられた募金の70%は、大田原市内の福祉活動に活かされます。残りの30%は県内の福祉施設やボランティア活動に使われます。

大田原市内の使いみち

  • 地区社協等が行う高齢者等への「食事サービス活動」への助成
  • 地区老人クラブが行う「友愛訪問活動」への助成
  • ボランティア団体、民生委員児童委員協議会への助成
  • 小・中学生向け福祉教育副読本「ともに生きる」印刷費
  • おおたわらを良くするしくみ応援助成(公募助成)

平成30年度社会福祉法人栃木県共同募金会大田原市支会事業報告書

(実施期間:平成30年10月1日〜12月28日)
募金種別 目標額 実績額 増減額 達成率 備考
戸別募金 5,650,000 5,662,387 12,387 100.2% 172自治会16,165世帯
特別募金 3,030,000 3,016,157 △ 13,843 99.5% 事業所商店992件、
個人210件
学校募金 350,000 379,790 29,790 108.5% 幼稚園、小中高校42校
街頭募金 320,000 455,868 135,868 142.5% 14店舗53回、21団体250名
職域募金 470,000 463,115 △ 6,885 98.5% 事業所44件
イベント他 220,000 306,948 86,948 139.5% イベント12回、
募金箱等29ヶ所
合計 10,040,000 10,284,265 244,265 102.4%  
街頭募金協力店舗
東武宇都宮百貨店、三桝屋、カインズホーム、カワチ薬品、ヨークベニマル、カンセキ、トライアルスーパーセンター、たいらや、塩原屋、ダイユー、くらしの館、なかがわ水遊園
街頭募金協力団体
市ボランティア連絡協議会、市女性団体連絡協議会、地区社会福祉協議会、国際医療福祉大学、民生委員児童委員、公募助成団体、大田原女子高、大田原中、湯津上中、黒羽中
イベント協力団体
いきいきクラブ発表会・ゲートボール大会、エルム福祉会感謝祭、福祉ふれあいまつり、産業文化祭、いってみっけ、地区社協文化祭、くろばね秋まつり
平成30年度募金実績額割合

じぶんの町を良くするしくみ。赤い羽根共同募金

災害支援にも活用されます。

栃木県共同募金会では募金の一部を災害準備金等として積み立てし、災害ボランティア活動や被災地を支援するために使われています。