地区社協活動

地区社会福祉協議会 地域における支えあい

地区社会福祉協議会(「地区社協」)

 大田原市には、12の地区社会福祉協議会があります。
自分たちの住む地域を、住民が自分たちでよりよくしていこうとする活動です。
 地域には、いろいろな人が暮らしています。困っている人がいたら、一人の問題ではなく地域の問題としてとらえて、どうしたら解決できるかみんなで考え、地域でできることはみんなで協力して支え合います。
地区社協では、地域のつながりを大切にしながら、地区ごとに様々な活動をしています。

地区社協の主な事業

  • 小地域福祉活動計画の策定・推進
  • ふれあい型食事サービス(月1回〜4回)
  • 見守り活動
  • 福祉まつり(ふれあい広場・あったか広場など)
  • 共同募金運動(自分のまちを良くするしくみ)
  • ふくし共育(福祉教育)への協力
  • 研修事業
  • 広報活動
  • 世代間交流事業

ひとり暮らし高齢者等への食事サービス

高齢者と中学生の交流会

外出支援

ふれあい広場

会食会

自分たちの地域の未来は、自分たちで創る 〜小地域福祉活動計画〜

 「第3次地域福祉計画・地域福祉活動計画」を受け、平成30年度から地区社会福祉協議会単位で『小地域福祉活動計画』を策定しています。
 これは、5年後、10年後も、住み慣れた地域で誰もが安心して生きがいをもって暮らしていけるように、地域の皆さんで「支え合いの地域づくり」を進めるものです。

地区社会福祉協議会の区域